作業が捗る部屋の作り方|自分に最適な椅子・机・PC環境を整えるコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

椅子と机で作業効率は大幅に変わります。

正しい座り方、正しい向きで作業をすることで、身体への負担が減るからです。

私は昨年、床から椅子・机・床・PC環境まで全てを買い替えて「作業部屋」を作りました。

作業部屋を作った結果、押さえておきたい3つのポイントがあることが分かりました。

【快適な作業環境のポイント】

  1. 「正しい座り方」ができるデスク環境を用意する
  2. 雰囲気を良くしてテンションをあげる
  3. 物の場所を決める

この記事では、3つのポイントに沿って「作業環境の作り方」をご紹介します!

めもちゃん

これで作業効率アップ間違いなしです!

▼関連記事
買ってよかった!腰痛が消えたワークチェアはこちら!

目次

「正しい座り方」ができるデスク環境を用意する

めもちゃん

まずは椅子・机・PC環境を整えましょう!
これが揃って、正しい姿勢をとることができればひとまず快適です!

※「正しい座り方」とは、背筋を伸ばした状態で、腕・腰・膝の角度が90度になる座り方です。

椅子(オカムラ シルフィー)

椅子は身体のサポートに直結するので、デスクワーカーの寿命を左右するアイテムです。

高さを調整できる椅子として、会社などで使うワークチェアがあります。

めもちゃん

私のおすすめは、オカムラ社の「シルフィー 」です!

オカムラの「シルフィー」は、正しい姿勢を作るための調整機能が豊富。

普通体型ならこれを選んでおけば間違いないワークチェアです。

めもちゃん

身体にフィットする!あぐらもかける!色も選べる!

以前はIKEAの1万5千円のゲーミングチェアを使っていたんですが、「オカムラシルフィー」に変えてからは身体への負荷が軽減したため腰痛がなくなりました。

▼シルフィーのレビューはこちら

「オカムラシルフィー」はこちら

購入前に24万円のアーロンチェアをレンタルしてみたのですが、欲しい機能やフィット感が8万円台のシルフィーでも満足できたので、人にはシルフィーをおすすめしています。

▼アーロンチェアのレンタルレポはこちら

机(FlexiSpot E7)

机の高さを調整できる代表として、電動昇降デスクがあります。

スタンディングデスクとも呼ばれる通り、立ったり座ったりできるデスク。

めもちゃん

私もたまに立って作業しています!

このデスクのメリットは、「購入時に高さを計算する必要がない」点です。

デスクを買う時は、自分の身長や椅子との相性を考える必要があります。

それでも使った結果、合わない時がある。

でも電動昇降デスクなら、買った後に調整ができるのです。

めもちゃん

便利ですね!
デスクに迷ったら、買っておけば間違いないアイテムです。

▼「FlexiSpot E7」のレビューはこちら

「FlexiSpot E7」はこちら

天板(デスク天板 160cm×80cm)

上記の「机」は脚のみです。

デスク天板はFlexiSpot公式で買うか、自分で木や天板素材を買って穴あけ加工するやり方があります。

サイズは横幅140cm〜160cm程度あると、なんでも置けて便利です。

めもちゃん

私は拘りの木材を買って加工しましたが、安価で良い天板もあるので大丈夫ですよ!

天板は電動昇降デスクの脚や椅子より優先度は低めなので、予算の関係で削るならここです。
天板の選び方に関しては、話すと長くなるので記事にまとめました。

▼デスク天板の選び方はこちら

めもちゃん

ちなみに、今おすすめするなら(当時は売っていなかった)FlexiSpotの140cm天板です!

公式なのでネジ用の穴が空いています!(重要)

安価ながらも高級感があり、配線コード用の加工があるため欲しい機能が全て揃っています。

「FlexiSpotの140cm天板」はこちら

モニター(DELL 27インチモニター)

画面が大きいと作業が捗ります。

モバイルモニターから27インチモニターに変わると、「PC内の机が広くなった」というイメージになります。

大きなモニターはその高さから、自然と「肩が凝らない目線」にできるのもメリット。

肩こりは本当に軽減したので、悩んでいる方は試してみてください。

めもちゃん

作業が捗る!肩こり軽減する!買って大正解でした。

「DELL 27インチモニター」はこちら

雰囲気をよくしてテンションをあげる

めもちゃん

床やカーテンは部屋の雰囲気がガラッと変わります!
好きなテイストにしてテンションを上げましょう!

床(フロアタイル)

床って部屋の雰囲気だいぶ変わりませんか?

フロアタイルは木目調や大理石などいろんなテイストのものが売っています。

私は「カフェ風にしたい」とコンクリート調のフロアタイルを選びました。

作業部屋だけガラッと雰囲気が変わるようになったので、「作業するぞ」と気持ちの切り替えができて良かったです。

▼フロアタイルのレビューはこちら

めもちゃん

ちなみに「カフェ風の部屋にしたい」とコンクリート調の床にしましたが、ワークチェアを置いた時点でただの作業部屋にしか見えなくなりました。

「〇〇風」はトータルコーディネートが大事ですね…

カーテン(紫外線カットカーテン/Switchbot自動開閉)

レースカーテンを「紫外線カット」のものに変えて、紫外線を気にせず自然光を取り込めるようになりました。

自然光を浴びながら作業すると捗ります。

余裕があればカーテンを是非変えてみてください。

ちなみに色はどんな雰囲気にも合う「白」にしました。

ニトリ :レースカーテン(Nナチュレドット)

紫外線UVカット率93%!

「採光」という、日中にレースカーテンを閉めていても部屋が暗くなりにくい仕様です。

▼通販サイト
遮像・採光・50サイズレースカーテン(Nナチュレドット 100X108X2)|ニトリ

めもちゃん

私はこの白いカーテンを使っているんですが、透けないし明るいし最高ですよ!おすすめです!

▼「自然光のメリットって?」という方はこちら

そしてカーテンが自動で開閉するようにSwitchbotを導入しました。

めもちゃん

自動開閉は便利です。
スイッチひとつで機械がカーテンを開け閉めしてくれます。

▼「SwitchBot カーテン」のレビューはこちら

「SwitchBot カーテン」はこちら

めもちゃん

夕方になると閉まるように設定しておくと、タイマーにもなって便利ですよ!

物の場所を決める

めもちゃん

これは「あると便利」なものたちです!
作業部屋の参考にどうぞ!

ワゴン(mottole)

今や一家に一台ある勢いで人気のワゴン。

私も買い、使いやすさを追求した結果「フィットネス系全部載せワゴン」に進化しました。

天板にモバイルモニターを載せて、フィットボクシングをしています。

下の段にフィットネスアイテムを積んでいます。

▼ワゴンの中身の解説はこちら

ワゴンはIKEAでもニトリでも買えるんですが、私は工具いらずで組み立てられるmottoleのワゴンを選びました。

「mottole ワゴン」はこちら

引き出し(ラベルシールを貼る)

「物を置く場所を決める」は片付けの基本ルールです。

「あれどこに置いたっけ?」という方は、しまう場所を決めましょう。

引き出しの多い棚を買い、使う場所を細かく決めて、ラベルシールを貼ることをお勧めします。

めもちゃん

これで物が迷子になりません!

▼この「スリムストッカー」を3つ買いました

▼ラベルプリンターのレビューはこちら

本棚(扉付き本棚)

電子書籍派が多くなって早何年。それでも「電子では買えない」本は出てきます。

というわけで本棚はあったほうがいいです。

めもちゃん

作業に集中できるよう、扉がついているタイプをおすすめします。

紙類(領収書など)の保管場所もこちらにしましょう。

「物を置く場所を決める」の一環ですね。

「扉付き本棚」はこちら

まとめ「まずはチェアとデスクから!」

めもちゃん

一から揃えた作業環境をご紹介しました。

まとめです!
快適な作業環境に必要なポイントはこちらです。

【快適な作業環境のポイント】

  1. 「正しい座り方」ができるデスク環境を用意する
  2. 雰囲気を良くしてテンションをあげる
  3. 物の場所を決める

優先順位として、まずはワークチェアとデスクを整えることをおすすめします。

どちらも自分仕様に調整して、正しい姿勢で居られるようにするアイテムです。

姿勢は健康に直結するので、デスクワーカーの寿命を左右しますよ!

めもちゃん

それができたら雰囲気作りをして、収納を充実させましましょう。

これで作業環境はばっちりです!

あなたも最高の作業環境を作れることを願っています!

以上、メモノテからお送りしました。

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次