サイト制作の前に知るべきこと|ホームページの必要性・作り方・相場について

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事では「ホームページを作ったほうがいいの?どうして必要なの?」という企業の方に向けて解説します。

めもちゃん

さて、ホームページは企業にとって必須のツール
まずはどうしてホームページが必要なのかをご説明します。

目次

①|ホームページってどうして必要なの?

お客様の求める「安心感」に応える

まず最初に知っていただきたいのは、ホームページの存在自体が企業にとって大きな「信頼」を生み出すものだということです。

新しい商品を買いたいと思った時、インターネットでその店の情報を調べることはありませんか?

その店の場所や営業時間、どんな商品があるのか、その技術は信頼できるのかなど…

そして何よりも、その店が本当に存在するのかを確認しますよね。

これと同じように、あなたの会社のホームページも、お客様が「この企業は本物だ」と感じて安心するための重要なツールなのです。

つまりホームページは会社の身分証明のひとつ。

会社の存在と信頼性を証明するものとなります。

もちろんホームページを持っている怪しい企業も存在しているので、お客様側が「100%怪しくないんだ」と信頼していいものではないです。

「施工事例」の掲載は必須

次に、あなたが制作会社・施工会社だった場合。

施工した事例をしっかりと公開することがどれほど重要かを考えてみましょう。

施工例は、お客様があなたの「仕事の質」を判断するための材料です。

例えば、自宅のリフォームを考えている人の場合

  • 依頼を検討しているリフォーム会社がどのような仕事をしているのか
  • 仕上がりがどのようなイメージなのか
  • 過去のお客様がどれだけ満足しているのか

を知りたいと思います。

その情報をホームページで確認できれば、お客様はあなたの会社に自分の家を任せることに自信を持つでしょう。

つま、施工事例はお客様の一番知りたい情報。掲載することによりお客様を安心させることができます。

「お問い合わせフォーム」へのアクセス

ホームページのメリットのひとつに「連絡手段を増やす」ことが挙げられます。

その連絡手段が「お問い合わせフォーム」です。

ホームページにお問い合わせフォームを設けることで、お客様があなたに直接連絡を取るための簡単な方法を提供できます。

お問い合わせフォームは、電話と違いお客様がどのタイミングでもアクセスすることができます。

お客様といつでも繋がることができるのが「お問い合わせフォーム」のメリットです。

ホームページ上に「お問い合わせフォーム」や「電話へのアクセス」を常に見える位置に設置することも可能です。

これでお客様との間のコミュニケーションを円滑にすることができるでしょう。

さらに「よくある質問」ページを設けることで、お客様の疑問にすぐ答えることができます。
「よくある質問」ページには、あなたがよく聞かれる質問とその答えを掲載すると良いでしょう。

情報を載せれば「営業」になる

最後に、ホームページの付加価値をご紹介します。

ホームページがあれば、24時間365日お客様に向けて情報を発信し続けることができます。

つまり、情報を載せれば載せるほど、ホームページは自動の「営業マン」として働いてくれるのです。

商品やサービスの詳細、価格、施工例、お客様の声など、あなたのビジネスについて知ってほしい全ての情報をホームページに掲載することで、訪問者はそれを自由に閲覧することができます。

以上、ホームページが企業にとって必須のツールである理由を理解していただけましたでしょうか。

ホームページは、お客様に安心感を提供することで信頼を得てビジネスを成長させるための重要な手段なのです。

めもちゃん

次はホームページをどう作るのか、解説していきます!

②|ホームページってどうやって作るの?

1.ターゲットと目的の設定

ホームページ作成の最初のステップは、ターゲット層と目的を明確にすることです。

どんな人々に向けたものなのか、訪問者にどんなメッセージを伝えるかをはっきりさせることで、効果的なデザインで制作することができます。

【小規模リフォーム会社の場合】

  • ターゲット:リフォーム検討中の一般家庭
  • 目的:どんな施工会社なのか、施工例はどんなものがあるかを伝える

成功するホームページは、そのターゲット層と目的に細心の注意を払っています。

プロに依頼した場合は「ヒアリングシート」に記入するなどして、どのような目的を持っているかを確認するところからスタートするはずです。

2.ホームページの構造:HTMLとCSSについて

ホームページの基本的な構造は、HTMLとCSSというプログラミング言語で構築されます。

  • HTMLの役割:ウェブページの骨組みを作る(テキスト、見出し、段落などのタグの使用)
  • CSSの役割:そのデザインを整える(色、フォントサイズ、レイアウトなどのスタイリング)

HTMLは情報を反映し骨組みを作り、CSSはデザインとレイアウトを整える役目があります。

これらを理解することで、自由自在にホームページを作ることが可能になります。

ただし、これらを完全に理解する必要はありません。

そういったプログラミング言語を使わなくても、ホームページを作れるツールがあるからです。

【プログラミングが必要のない作成ツール例

  • WordPress:ブログソフトウェアで、インストールするとホームページ制作の土台を簡単に作ることができる。これをカスタマイズしてオリジナルデザインを作り上げることも可能。
  • Wix:ホームページ作成ツール。テンプレートが豊富で簡単に作成が可能。

3.ブログとホームページの違い

ブログはホームページの一種で、大枠で見ればすべてホームページです。

内容が整っていて更新が少ない「静的」なものは「ホームページ」と呼ばれ、更新頻度が高い「動的」なものは「ブログ」と呼ばれます。

この違いを理解し、構造と更新頻度を考えて作成するとよいでしょう。

ブログとホームページの具体的な使用例はこちら。

【企業の公式ホームページの場合】

トップページやその下の階層が「ホームページ」で、その中にあるニュース更新部分が「ブログ」。

【個人のブログの場合】

トップページから記事まで全て「ブログ」というカテゴリであることが多い。

4.ホームページを公開するときのポイント

「ホームページを作る」ためには、いくつかのステップが必要となります。

下記は、どのホームページにも必要な設定です。

【ホームページ制作においてやること】

  1. ドメインとサーバー(ホームページの住所)の取得
  2. ホームページの作成
  3. Googleに正しく認識されるためのSEO対策

これらを正確に実施することで、ホームページは形となり、訪問者に信頼されるようになります。

5.定期的なメンテナンス

ホームページは作って終わりではありません。

  • 年間のドメイン・サーバーの更新。
  • インターネット環境によりホームページが崩れないかのチェック。
  • 会社情報の追加・更新。

このような定期的なメンテナンスが必要となります。

ホームページを作った後も、更新担当を設けてしっかりと見ていけるようにしましょう。

以上、ホームページの基本的な仕組みについて知ることはできたでしょうか。

めもちゃん

次は、ホームページの相場と、どうしたら安く作れるのかについて解説していきます!

③|ホームページ制作の相場は?安くするには?

1.ホームページ制作の相場

ホームページ制作の相場はプロジェクトの規模や要件によって異なります。

一般的な小規模なビジネスサイトの場合、30万円から50万円程度が目安です。

【小規模なビジネスサイトのコンテンツ例(10ページ程度)】

  • トップページ
  • 業務内容
  • 会社概要
  • アクセス
  • お問合せフォーム

一方、カスタマイズされたデザインや高度な機能を備えた大規模サイトでは、数百万円の費用がかかることもあります。

明確な要件定義と予算設定が重要です。

2.コストを抑えるための外注のヒント

コストを抑えるためには、複数の制作会社から見積もりを取り、比較検討することが効果的です。

フリーランスに依頼することも一つの方法ですが、その際はポートフォリオや過去の実績を確認しましょう。

また、自社でコンテンツの制作や画像の準備ができる場合は、さらにコストを削減することができます。

3.自分でホームページを作る方法

自分でホームページを作ることができれば、コスト削減になります。

プログラミングの知識がない場合でも、WordPressやWixのようなプラットフォームを使って自分でホームページを作成できます。

これらのツールは多数のテンプレートを提供しており、簡単にカスタマイズが可能です。

4.低予算でも高品質なサイトを作るコツ

例えばWordPressには「テーマ」と呼ばれるテンプレートがあります。

予算が限られている場合でも、効果的なテーマの選択や必要な機能の優先順位付けによって高品質なサイトを作ることが可能です。

無料または低価格のテーマを利用し、必要に応じて機能を追加します。

5.長期的に運用するために

ホームページの長期運用には、定期的なメンテナンスとコンテンツ更新が不可欠です。

  • 定期的なメンテナンス:ネットの環境は変わりやすいため、定期的にチェックする必要があります
  • コンテンツの更新:お客様のために、コンテンツは常に更新しましょう

セキュリティの強化、SEO対策の実施などを定期的に行いましょう。

  • セキュリティの強化:サイバー攻撃や乗っ取りをされないためにセキュリティを強化しましょう
  • SEO対策:SEOとはWebサイトの内容をGoogleの検索エンジンに理解されやすくして、検索結果に表示させることです

また、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを使用して、サイトのパフォーマンスを追跡し、必要に応じて改善策を講じましょう。

以上が、効果的なホームページを作る前に知っておいて欲しいことです。

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次